BLOGTIMES
2018/07/08

Ubuntu 18.04 で autofs を設定してみる

  ubuntu1804 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ubuntu から Windows のファイルサーバにアクセスしたかったので autofs を使って自動マウントされるようにしてみました。
最近の autofs には auto.master.d なんていうディレクトリが用意されていて驚きましたが、あとは普通の autofs の設定です。

# 必要なパッケージのインストール apt-get install -y cifs-utils smbclient autofs # 設定ファイルの作成 mkdir /etc/auto.master.d echo '/smb /etc/auto.smb --timeout 0' > /etc/auto.master.d/smb.autofs # ログイン用のID/PW格納ディレクトリの作成 mkdir /etc/creds chmod 700 /etc/creds # ログイン用のID/PWファイルの作成(サーバ名,username,passwordは要変更) cat <<EOF | sudo tee /etc/creds/server.example.jp > /dev/null username=hoge password=foobar EOF # ログイン用のID/PWファイルのパーミッション変更 chmod 400 /etc/creds/* # デーモンの有効化・再起動 sudo systemctl enable autofs.service sudo systemctl restart autofs.service # アクセスしてファイルの一覧が表示されることを確認 ls -l /smb/server.example.jp/share

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10287
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン