BLOGTIMES
2019/09/09

DISM でパーティションのバックアップを取る

  windows10 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows 10 には標準で dism.exe というコマンドがあり、これを使うとシステムの修復ができるというのはよく知られていますが、これを使うとパーティションのバックアップが簡単に取れるということが分かったのでメモ。
最初から VHD に OS 等をインストールするという手もありますが、こちらはファイル単位なのでディスク容量が大きくてもバックアップが早く取れるという利点があります。

例えば N: が外付けドライブや共有フォルダだとすると、バックアップはこんな感じです。

dism /Capture-Image /Name:Win10Backup /Imagefile:N:\win10backup.wim /CaptureDir:C:\ /Compress:fast

リストアのコマンドはこんな感じになります。

dism /Apply-Image /Imagefile:N:\win10backup.wim /Index:1 /Applydir:C:\

この作業をするためには別途ブートメディアが必要になります。WinPE のイメージを作っても良いですが、Windows のインストールメディアで起動して、「Shift + F10」を押すとコマンドプロンプトが出せるとうい裏技的な機能があるので、これで作業をするのが手っ取り早いです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11205
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン