BLOGTIMES
2021/02/20

Docker で ntp サーバを立ててみた

  docker 
このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートが終了した CentOS 5/6 の VM がいくつか手元に残っていたので、docker を使って順次再構築することにしました。
しばらくこの手のエントリが続いていきますが、ご容赦ください。

というわけで、まずは簡単な NTP サーバから。

これまでは標準的な ntpd を使っていましたが、最近は chrony を使うことが多いようなので、乗り換えてしまうことにしました。それほどカスタマイズが必要なサービスではないので、既存のイメージを利用させてもらうことにします。

セットアップ手順

インストールとしてはこんな感じでしょうか。
NTP サーバは NICT のものと、インターネットマルチフィードのものGoogle のものを指定しています。

git clone https://github.com/cturra/docker-ntp.git cd docker-ntp.git sed -i-i'.bak' 's/NTP_SERVERS=.*/NTP_SERVERS=ntp.nict.jp,ntp.jst.mfeed.ad.jp,time.google.com/' docker-compose.yml docker-compose up -d

こんな感じで接続が確認できれば正常稼働しています。

$ docker-compose exec ntp chronyc sources MS Name/IP address Stratum Poll Reach LastRx Last sample =============================================================================== ^* ntp-b2.nict.go.jp 1 6 377 50 -204ms[ -78ms] +/- 3177us ^- ntp2.jst.mfeed.ad.jp 2 6 377 49 -202ms[ -202ms] +/- 56ms ^- time2.google.com 1 6 377 34 -186ms[ -186ms] +/- 19ms

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12304
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン