BLOGTIMES
2022/08/26

文化庁が新たな補償金制度の対象として BD レコーダーを追加する政令案のパブコメを開始

  copyright 
このエントリーをはてなブックマークに追加

文化庁が新たな補償金制度の対象として BD レコーダーを追加する政令案のパブコメを開始していたのでメモ。

これについては、もともとデジタルレコーダーに関して東芝と私的録画補償金管理協会が裁判で争っていて2012 年には補償金の対象にならないことが確定したという経緯があり、2019 年頃には JASRAC が補償金の回復を政府に要望したりとロビー活動が続いていたようなので、それがゾンビのように蘇ってきたという感じでしょうか。

もちろんレコーダーのメーカーの業界団体である電子情報技術産業協会(JEITA) は真っ向から反対しています。
どうしても補償金制度を復活させたいのであれば DRM 外すべきだと思いますけどね。

JEITA「強く反対する」。BDレコーダ私的録音録画補償金制度対象化 - AV Watch

文化庁が私的録音録画補償金制度の新たな対象機器として、Blu-rayディスクレコーダーを追加する著作権法施行令の改正政令案を発表し、パブリック・コメントの募集を開始した事について、JEITA(一般社団法人電子情報技術産業協会)が23日、「政策としての合理性が無いものと考え、強く反対する」という意見書を発表した。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13439
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン