BLOGTIMES
2019/06/27

JASRAC が私的録音録画補償金の回復を政府に要望

  copyright 
このエントリーをはてなブックマークに追加

JASRAC が私的録音録画補償金の回復を政府に要望*1したようなのでメモ。

以下で出てくる録画補償金については、デジタル専用録画機はそもそも DRM でコピーが制限されているということで、2012 年に東芝が私的録画補償金を巡る裁判で勝訴したので、現在は補償金の対象外になったものですね。録音についてはポータブルオーディオプレイヤーだけでなく PC なども徴収の対象にしたいようですが、なかなか無理筋な感じですね。

JASRAC、私的録音録画補償金の機種拡大を政府に求める。HDD内蔵レコーダなど - AV Watch

日本における私的録音録画補償金の総額が、40億円を超えた2000年をピークに下降し、2012年は録画補償金が消滅、現在では録音補償金が数千万円に留まっていることを理由に、補償金の対象を拡大することを求めている。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/11055
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン