BLOGTIMES
2015/02/25

Solaris のルーティングテーブルの変更

  solaris  networking 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Solaris のマシンのルーティングテーブルを調整しようと思ったら Linux と違うのを忘れていて苦戦してしまったので、忘れないうちにやり方をメモ。
この netstat でルーティングテーブルを表示するやつをいつも忘れるんですよね。

ルートを永続的に追加

# route -p add -net 10.0.0.0 -netmask 255.0.0.0 -gateway 192.168.22.254 add net 10.0.0.0: gateway 192.168.22.254 add persistent net 10.0.0.0: gateway 192.168.22.254

永続化されているルートを表示

# route -p show persistent: route add -net 10.0.0.0 -netmask 255.0.0.0 -gateway 192.168.22.254

現在のルーティングテーブルを表示

# netstat -rn Routing Table: IPv4 Destination Gateway Flags Ref Use Interface -------------------- -------------------- ----- ----- ---------- --------- default 192.168.22.1 UG 4 9606 10.0.0.0 192.168.22.254 UG 1 0 127.0.0.1 127.0.0.1 UH 36 472 lo0 192.168.22.0 192.168.22.2 U 4 23 igb0 Routing Table: IPv6 Destination/Mask Gateway Flags Ref Use If --------------------------- --------------------------- ----- --- ------- ----- ::1 ::1 UH 2 0 lo0

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7418
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン