BLOGTIMES
2015/04/08

大学教員の研究時間は減り続けている

  stats  mext 
このエントリーをはてなブックマークに追加

NISTEP が発表した大学等教員の職務活動の変化という調査研究で、大学教員の研究時間が減り続けている実態が明らかになりました。暇な職業と思われているかもしれませんが、実際に下手なITエンジニアよりも忙しい職業です。時間割がびっしり埋まっているので、先日、学生に「これ?(体力的に)大丈夫なんですか?」と心配される始末。

大学教員の研究時間減少続く 13年、勤務全体の35%:日本経済新聞

大学教員が研究に充てる時間が減り続けていることが7日、文部科学省の科学技術・学術政策研究所の調査で分かった。2013年の勤務時間に占める研究活動の割合は35.0%で、08年の前回調査から1.5ポイント低下し、02年の初回調査に比べると10ポイント以上減った。

原文は下記から読むことができます。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7525
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン