BLOGTIMES
2016/04/09

血栓性外痔核の血栓摘出術を受けてきた(4年半ぶり2度目)

  medical 
このエントリーをはてなブックマークに追加

血栓摘出術 - 血栓性外痔核の血栓摘出術を受けてきた(4年半ぶり2度目)

数日前から肛門付近に違和感があり、イスに座る度にしこりが圧迫されて痛いので4年半前の事を思い出して、早めに病院を受診してきました。前回はそのまま一週間くらい我慢してたら、どんどん痛みがひどくなって夜も眠れないようになってしまったのがちょっとトラウマになっています。

診察室では「ずいぶん久しぶりだねぇ。切開したとき以来だよねぇ。で、今日はどうしたの?」「いや、また同じのが出来ちゃったんですけど」「そうかー。まぁ前回の治療から5年くらい持ったから得したと思ってください(笑」という感じで、相変わらずユーモラスな先生です。

局所麻酔が効いていて、自分の目からは見えない部位なので、切開されているかどうかすらよく分かりませんが、前回と同様に3分ほどで切開は終了。先生は嬉しそうに「証拠物件をお見せします!」と摘出した血栓を見せてくれました。早めに来たせいか、前回よりは心なしか血豆も小さく、数も少ないような感じでした。

切開が終わってしまえばもう痛みもほとんどないので、これでやっと普段通りの生活に戻れそうです。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8400
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン