BLOGTIMES
2017/10/21

開発のためのCMMI 1.3版 日本語翻訳版

  softwareengineering 
このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりに CMM を調べていて CMMI-DEV v1.3 の日本語版が公開されているのを見つけたのでメモ。

ソフトウェア開発の標準化において CMM は非常に役立つ資料になります。
その概要については MS の「CMMI の背景」などがわかりやすいでしょうか。

Japanese Language Translation of CMMI for Development, Version 1.3 | CMMI Institute

『開発のためのCMMI 1.3版』の日本語翻訳版は、ここから入手することができます。 この日本語訳は、日本SPIコンソーシアム(JASPIC)の援助を受けて、「日本SPIコンソーシアム(JASPIC)CMMI V1.3翻訳研究会」により翻訳および検証が行われました。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9707
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン