BLOGTIMES
2021/05/22

GitHub にそっくりなセルフホストできる Git サービス Gitea

  git  gitea  dockercompose  golang 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Gitea - GitHub にそっくりなセルフホストできる Git サービス Gitea

これまでセルフホストの Git サーバとしては GitBuket をずっと使ってきましたが、リポジトリが増えてくるとやはりトップページが見づらいことや、UI が GitHub からかなりかけ離れた感じになってしまっているので、UI が現在の GitHub にそっくりな Gitea を導入してみました。

Gitea

Gitea - Git with a cup of tea
A painless self-hosted Git service.
Gitea is a community managed lightweight code hosting solution written in Go. It is published under the MIT license.

導入は docker-compose で

Gitea は golang で書かれたアプリケーションで Docker イメージも用意されているので、今回は以下のような感じで Gitea + MariaDB の組み合わせでインストールすることにしました。

docker-compose.ymlを配置したら、あとは docker-compose up -d で起動できます。起動したら :3000 にウェブブラウザでアクセスして、初期設定を行うとすぐに利用開始できます。U2F の2要素認証にも対応していますし、外部ユーザー認証としては LDAP や OpenID Connect にも対応しているので Azure AD 等を使って SSO が可能です。

docker-compose.yml

version: '3.8' services: gitea: image: gitea/gitea container_name: gitea volumes: - ./data/gitea:/data ports: - "13000:3000" - "10022:10022" environment: DB_TYPE: mysql DB_HOST: gitea-db:3306 DB_NAME: gitea DB_USER: gitea DB_PASSWD: gitea SSH_PORT: 10022 TZ: Asia/Tokyo depends_on: - gitea-db restart: always gitea-db: image: mariadb container_name: gitea-db ports: [] environment: MYSQL_ROOT_PASSWORD: gitea MYSQL_DATABASE: gitea MYSQL_USER: gitea MYSQL_PASSWORD: gitea TZ: Asia/Tokyo volumes: - ./data/db:/var/lib/mysql command: mysqld --character-set-server=utf8mb4 --collation-server=utf8mb4_bin restart: always

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/12489
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン