BLOGTIMES
2008/06/20

2008年の国際競争力は22位

  competitiveness 
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年欠かさず5月中旬に発表されるIMDの国際競争力ランキングをチェックしていたんですが、今年はいろいろと忙しくてチェックするのをすっかり忘れていました。2008年の日本の国際競争力は22位のようです。2007年は24位だったので、2位アップしていますが、低迷していることに変わりはありません。

The World Competitiveness Year Book 2008 - How long will the US keep its leadership position?

But will the United States’ run continue? In 1989, Japan seemed firmly in the number one position with the US in third. By 1994, however, the US took over leadership, a position it has held ever since. The downfall of Japan in competitiveness bears some similarities with the present situation. Will the US follow the same path?

相変わらずアメリカがトップですが、2位のシンガポールがだいぶ肉薄してきました。IMDの関心はアメリカが今後どのような変遷をたどるのかいうところにあるようです。WCY2008のサマリでも日本がトップから転落していった変遷を例に挙げて「USも同じような軌跡をたどるのか」なんていわれちゃってるところがちょっと悲しいですが。

今年のTop10の顔ぶれ

1. USA(1)
2. Singapore(2)
3. Hong Kong(3)
4. Switzerland(6)
5. Luxembourg(4)
6. Denmark(5)
7. Australia(12)
8. Canada(10)
9. Sweden(9)
10. Netherlands(8)
....
22. Japan(24)

参考

The World Competitiveness Yearbook (WCY)
The World Competitiveness Yearbook 2008 - How long will the US keep its leadership position?
THE WORLD COMPETITIVENESSSCOREBOARD 2008[PDF]
IMD、国際競争力ランキング2008 -日本は22位と低迷-(MRI)[PDF]


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/2616
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン