BLOGTIMES
2010/03/29

ソフトウェア工学再建運動?

  softwareengineering 
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEMAT ( Software Engineering Method and Theory ) というソフトウェア工学再建運動というらしきものが始まっているとのこと。Ivar Jacobson(OOSEの人), Bertrand Meyer (Eiffel、オブジェクト指向入門の人), Richard Solely (OMGの人) という豪華なメンバーが書いたビジョンステートメントが公開されているようです*1

問題を抱えてしまったソフトウェア工学を、もう一度やりなおそうという活動 - Publickey

文書ではまず、現在のソフトウェア工学の問題点を指摘しています。
  * ファッション業界のように、いろんな言葉が流行している。
  * しっかりした理論的基礎が欠けている。
  * 多くの方法論や似たようなものが、あまり理解されないまま強調されている。
  * 信頼できる実験や、その妥当性を評価することが欠けている。
  * 産業界が実践していることと、学者が研究していることが乖離している。

なんていうか僕がソフトウェア工学の門をくぐったときには既にソフトウェア工学界はこんな感じだったし、ファッションのように流行を作り出してきた人たちが集まって、やり直せばうまくいくというのはいささか安直すぎるような気がするんですが気のせいでしょうか。自分がこの業界で一番不満に思っていることは、ちゃんとした事を教えてくれる人があまりにも少ないという事です。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/3489
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン