BLOGTIMES
2013/07/01

Ruby 1.8系 が EoL に

  ruby  eol 
このエントリーをはてなブックマークに追加

6月30日に長らく現役だった Ruby 1.8 系のメンテナンスが終了が発表されていました。

OS のディストリビューションに入っているものはしばらく使えますが、ソースから入れるのは避けたほうが良さそうです。
とはいってもまだ捨てられないものがいくつかあるので、いましばらくは動作確認用に rbenv 環境 で活躍してもらう予定です。

Ruby 1.8.7 は引退しました

10年が経ち、1.8.7 がレガシーになったと言えることは非常に喜ばしいことです。 1.8.7 は歴史を作りました。 文字通り、我々の生活を変えました。 そして、我々は変わり続けるために、前に進んでいます。 Ruby 2.0.0 は大変すばらしいですが、来る 2.1 を一層魅力的なものとするため、1.8.7 を終焉させ、最先端の開発版である ruby trunk に注力していきます。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5935
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン