BLOGTIMES
2013/08/09

待望のニューマシンを組み立てた!

  akiba  PCパーツ  asus  psu  cooling 
このエントリーをはてなブックマークに追加

PC自作中 - 待望のニューマシンを組み立てた!

さすがに今の PC を延命するのが辛くなってきたので、アキバに出かけてパーツを調達し、新しい PC を組み立てました。

随分と久しぶりだなと思いましたが、それもそのはず今の PC を作ったのは 2006年1月のお話でした。組立自体は問題ないつもりだったのですが、久しぶりすぎて感がにぶってしまい、マザボの電源ケーブルを1本つなぎ忘れて起動しなくて焦るという体たらく。パーツ類の移り変わりも早いので、やはり3年ペースくらいでマシンは買い換えるべきですね。

今回のマシンは Haswell の i7-4770K にメモリ 32GB で、OS は Windows 8 Enterprise、起動ディスクは SSD を使うことにしたので、今回もかなり長く使えるマシンになる予定です。

以下、今回のマシンのパーツの一覧。

CPU: Intel Core i7 4770K
実は自作 PC 初の Intel CPU だったりする。どうせならと Haswell 最強の 4770K を選択してみました。
Xeon でも良かった気もしますが、普通のクライアントとして使うにはいささかオーバースペックなので。
Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I74770K 【BOX】

CPUクーラー: ENERMAX ETS-T40-W
余ったお金で BD ドライブを買うか、クーラーを買うかと迷いましたがやはりリテールクーラーは心許ないのでクーラーに。
せっかくの K (倍率ロックフリー)ということもあり、冷却には気をつかっておきたかったので。
ENERMAX 【Haswell対応】 CPUクーラー ホワイトクラスター ETS-T40-W

マザーボード: ASUS Z87-DELUXE
ずっとマザボは ASUS と決めているので定番のものにしました。
ASUSTeK Intel Z87チップセット搭載マザーボード Z87-DELUXE 【ATX】

グラフィックカード: なし

今回は CPU 内蔵の Intel HD Graphics 4600 を使用。
4770K の内蔵グラフィクスはあまり強くありませんが、これでもデュアルディスプレイ出力可能なのと、基本的に 3D 使わないのでひとまずこれで。

電源: 帝力プラチナ プラグイン 700W
これも定番のサイズ (Scythe) のもの。80PLUSプラチナでちょっとでも消費電力が少なくなればなと。
サイズ 【HASWELL対応】 帝力 プラグイン ATX 700W 80PLUSプラチナ SPTRP-700P

メモリ: DDR3 1600 DIMM 8GB 2枚組 × 2
狙ったわけではなかったけど、いちおう XMP 対応の選別品だったので下記のプロファイルが選択できました。

Profile #1 XMP-1600 800MHz 9-9-9-28 1.5V Profile #2 XMP-1868 934MHz 11-11-11-32 1.65V

シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 8GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-8G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】

ケース: Centurion6 (Black)
前回に引き続き Cooler Master の開口部が多いケース。
今回はディスクをそんなに入れないつもりなので、かなり静かに運用できる予定。
CoolerMaster社製 ミドルタワーPCケース RC-610-KKN1-JP (Centurion6 Black)

SSD: Intel X25-M SATA SSD 160GB
先日の SSD 換装で出てきたノーパソのおさがり。
出てきた Intel X25-M SATA SSD 160GB はまだまだ使えそうなのでこれで十分。
Intel Boxed Intel SSD 160GB SATA 2.5 SSDSA2MH160G1C1


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6031
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン