BLOGTIMES
2014/07/03

eo光 が DDoS 攻撃によりつながり辛い状態に

  systemdown  DoS  congestion 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイオプティコムの eo 光の DNS サーバが DDoS 攻撃を受けて、利用者のネットが繋がりづらくなっていたようなのでメモ。

プロバイダへの攻撃なので、DDoS 対象はルータなのかと思っていましたが、DNS のキャッシュサーバだったようですね。ちょっと知識があれば Google Public DNSあたりを使うという選択肢もあったのでしょうが、普通の人は「DNS サーバが使えない」=「(名前解決できずに)ネットつながらない」なので、どうしようもない感じの人も多かったのだろうと思います。

現在はほぼ正常にもどっているみたいですね。

「eo光」のDNSサーバーがDDoS攻撃被害、ほぼ復旧するも正式発表はまだ -INTERNET Watch

株式会社ケイ・オプティコムの光ファイバーインターネット接続サービスにおいて、加入者向けDNSサーバーに対するDDoSとみられる攻撃が6月29日から断続的に続き、ウェブ閲覧やメール送受信に時間がかかる症状が発生した。技術的対応などを進めた結果、7月3日16時30分ごろの段階では正常な通信が可能となっているが、状況を見守る必要があるため、完全復旧を発表していないという。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/6836
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン