BLOGTIMES
2016/07/29

VMware VIX で VMware Player を自動起動させる

  vmware 
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の開発 PC には VMware Workstation Player がインストールしてあって、常に開発用の Linux を起動するようにしています。
これまではログオンするたびに、クライアントアプリを起動して VM を起動をしていたのですが、これが面倒なので自動化する方法を調べてみました。

VMware Workstation Player では VMWare VIX という自動化のための API があり、これに付属している vmrun*1 というコマンドを使うことで、CUI から VM の起動やサスペンドなどを行うことができるようになります。

VMware Workstation 12 の VIX は以下のリンクからダウンロードできます。

インストーラーに従って VIX をインストールしたら、後は以下のようなバッチファイルを作ってダブルクリックすれば OK。

vmstart.bat

set VMRUN_HOME="C:\Program Files (x86)\VMware\VMware VIX" set VMRUN=vmrun set TARGET_VMX="C:\path\to\vm\hoge.vmx" cd %VMRUN_HOME% start %VMRUN% -T player start %TARGET_VMX% nogui

nogui というオプションがついていますが、これはコンソールの画面を表示しないようにするための指定です。
通常のクライアントから起動したときのようにコンソールが必要ならば、この指定を取り除いてください。
また、 start の部分を suspend にすると、マシンをサスペンドさせることができます。

あとはこのバッチをスタートアップフォルダに登録してやれば、ログオンすると VM の Linux が裏側で同時に起動するようになります。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8656
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン