BLOGTIMES
2016/08/16

光格子時計で標高差測定

  paper  riken  研究機関 
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般相対性理論では重力が大きい場所では時間がゆっくり流れるということになっているので、これに沿って考えると、標高が低いほど、重力が大きくなるので、時間がゆっくり流れるということになります。これを利用すれば2点間の高低差が分りますが、時間のずれはごくわずかなので、これまでにこのずれを実際に計測できた人はおらず、「理論上はできる」という話でした。これを実際に実現してしまったということがニュースになっていたのでメモ。

3日間で 0.4 ナノ秒ということで、本当にごくわずかですね。

超精密時計で標高差を測定 東大、火山監視など期待  :日本経済新聞

アインシュタインの相対性理論では、地球上の標高が低い場所ほど重力が大きく、時間の進み方が遅くなる。
今回は光格子時計を東大(東京・文京)と直線距離で15キロ離れた理化学研究所(埼玉県和光市)にそれぞれ設置。原子の振動数を3日間比べると、東大側がわずかに遅くなっていた。ずれを秒数に直すと0.4ナノ(ナノは10億分の1)秒で、標高差に換算すると東大が約15メートル低いという結果になった。実際の標高差とほぼ一致した。

Nature Photonics に掲載された論文と、JST のプレスリリースは以下から読めます。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8708
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン