BLOGTIMES
2016/09/25

重厚な文翔館を見学

  yamagata  社会科見学 
このエントリーをはてなブックマークに追加

入口脇から - 重厚な文翔館を見学正面 - 重厚な文翔館を見学
貴賓室 - 重厚な文翔館を見学正庁 - 重厚な文翔館を見学
知事室 - 重厚な文翔館を見学中庭 - 重厚な文翔館を見学

山形市内の観光はほとんどしたことがないので、旧県庁舎及び県会議事堂である文翔館を見学していくことに。無料で入館することができるということで、気楽な気持ちで来たのですが、圧倒的な重厚感の建物と充実した展示内容になっていたのでちゃんとしたカメラを持ってこなかったことが悔やまれます

山形県郷土館「文翔館」|公益財団法人 山形県生涯学習文化財団

「文翔館」(旧県庁舎及び県会議事堂)は、大正5年に建てられた英国近世復興様式のレンガ造りの建物です。大正初期の洋風建築を代表する貴重な遺構として、昭和59年、国の重要文化財に指定されました。昭和61年から10年の歳月をかけて保存修復工事が行われ、現在は、山形県郷土館「文翔館」として一般に無料公開されています。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8807
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン