BLOGTIMES
2017/03/16

最高裁が令状なしの GPS 捜査に違法判決

  Security law  privacy  gps 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最高裁の大法廷が警察の GPS 捜査について、令状がない場合は違法という判決を出していたことがニュースになっていたのでメモ。
判決の全文については以下から PDF で全文を読むことができます。

キーとなるのは以下の部分でしょうか。これを読んでみると単に令状があればよいという訳ではなく、現在の法的な枠組みでは扱えないものなので、新たな立法的な措置が必要と言っています。これはなかなか警察にとっては厳しい判決といえそうですね。。。。

平成28年(あ)第442号 窃盗,建造物侵入,傷害被告事件 平成29年3月15日大法廷判決 全文, p.3.

個人のプライバシーの侵害を可能とする機器をその所持品に秘かに装着することによって,合理的に推認される個人の意思に反してその私的領域に侵入する捜査手法であるGPS捜査は,個人の意思を制圧して憲法の保障する重要な法的利益を侵害するものとして,刑訴法上,特別の根拠規定がなければ許容されない強制の処分に当たる

同, p.5.

GPS捜査が今後も広く用いられ得る有力な捜査手法であるとすれば,その特質に着目して憲法,刑訴法の諸原則に適合する立法的な措置が講じられることが望ましい。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9214
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン