BLOGTIMES
2017/06/26

「DB2」が「Db2」になり、デベロッパー向けの無償版も公開に

  ibm 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IBM の RDBMS である DB2Db2 になり、開発向けの無償版「Db2 Developer Community Edition」が公開されていました。
開発用なので本番利用はできませんが、これまで開発者バージョンも有償提供だった DB2 としてはかなり思い切ったライセンスの変更になっているようです。

通常版のクラウド対応、JSONサポート機能も強化:IBM、データベース「Db2」の開発者向け無償版「Db2 Developer Community Edition」を公開 - @IT

Db2 Developer Community Editionは、本番環境での利用不可、インスタンスメモリ量(16GBまで)、データベースサイズ(100GBまで)などの制限を設けつつ、「Enterprise Edition」のほぼ全機能を利用でき、アプリケーションのプロトタイプを迅速に構築できるように設計された開発者向けエディション。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9431
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン