BLOGTIMES
2013/04/13

Java のコードを呪文とするゲーム CodeSpells

  java  programming  education  paper 
このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラミングの習得にゲームを使おうという試みはこれまでにもいくつもあったわけですが、 Java のコードそのものを Spell (呪文)として使ってしまおうという UCSD の研究チームが開発した*1ゲームが面白そうだったのでメモ。

Codespell – Java言語がそのまま呪文となる教育用3Dゲーム | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

Codespellでは、プレイヤーは小動物ノーム(gnome)たちが住む土地にやってきた魔法使いです。ノーム達は過去に魔法を使って生活していたのですが、今は魔法をうまく使えなくなっています。魔法の呪文はJava言語プログラムで、物体を浮遊させるとか火を起こすといった7つの手持ちの呪文を使って、ノーム達を助け、火を消したり川を渡ったりといったクエストを解き、バッヂを獲得するのがゲームの目標です。

CodeSpells というもので、ダウンロードして遊べるようになっています。
論文は SIGCSE '13で発表されているこれでしょうかね。

あとでゆっくり読みたいと思います。


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/5737
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン