BLOGTIMES
2015/09/28

Lenovo がスパイウェア疑惑について釈明

  thinkpad  privacy 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Lenovo が ThinkPad にも搭載している Lenovo Customer Feedback Program 64がスパイウェアであるとして騒ぎになっています。先日の Superfish 問題では安いラインのみが対象でビジネスラインの ThinkPad シリーズは関係がありませんでしたが、今回は全シリーズが対象となっています。

対策としてはタスクスケジューラーから Lenovo Customer Feedback Program 64 という項目を探して無効化すればいいようです。

Lenovo は早速釈明をに追われていますが、利用許諾契約に記載されているというのはこの話「Lenovoのシステムにはインターネット上のサーバーと通信するソフトウェア・コンポーネントが含まれている場合がある - ThinkCentre, ThinkStation, ThinkPad全般 - Lenovo Support (JP)」でしょうかね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/7928
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン