BLOGTIMES
2016/11/03

入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)

  saitama  jsdf  入間基地  航空祭  T-4  CH-47 
このエントリーをはてなブックマークに追加

稲荷山門前の待機列 - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)エプロンの様子 - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)
エプロンに並んだブルーインパルス - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)オープニングフライトの T-4 (36-5709) - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)
声援に応えるT-4 (36-5709) - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)放水する CH-47J(67-4496) - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)
大きなバケツ? - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)ハッチを開けて手を振る CH-47J(37-4489) - 入間航空祭 2016にいってきた(出発~CH-47J)

岐阜基地航空祭の疲れもまだ抜けきっていませんが、懲りずに入間基地航空祭に行ってきました。昨年百里基地航空祭の翌週で体が辛かった記憶がありますが、今回は中3日なので筋肉痛が完全に抜けきっていないなか頑張る羽目になりました。

出発はいつも通り稲荷山公園行きの始発。これまで入場は北門特設門だったのですが、誘導の関係で滑走路の北側にしか場所取りができないので、午前中の写真は逆光で真っ黒というのがここ数年続いていました。これらの経験から今回は稲荷山門の待機列に向かうことにしました。最後尾に並んだのはちょうど 0630 頃だったでしょうか。この時点で例年よりも待機している人数が少し少ないことには気づいていました。

稲荷山門が開いたのは 0800 頃。いつも通り持ち物検査と金探によるセキュリティチェックを抜けて、滑走路エリアの手前に到着したのは 0815 頃、エプロンの前列に着いたのが 0818 頃でした。陣取ったのはブルーインパルスの脇の米軍の C-12 の前あたり。そういえば昨年も米軍の C-12 の前に陣取ったんでしたね。

天候に恵まれた割には、来場者は約13万人*1ここ5年間で最小だったこともあり、入間航空祭としては比較的過ごしやすい年だったと思います。さすがにブルーインパルスの前はものすごい人だかりですが、それ以外のところはトイレへの移動もそれほど苦になりませんでした。

今年は飛行点検隊の飛行展示はなし

オープニングフライトは T-4

例年通りであればこれに引き続いて赤白のチェックマークが尾翼に書かれた飛行点検隊のYS-11FCU-125の飛行展示が続くはずですが、今年はこれらの機体は地上展示のみになっています。これは4月6日に鹿児島県鹿屋市で発生した U-125 墜落事故*2により6名の隊員が殉職した影響なのだろうと思います。春のランウェイウォークも中止になりましたしね。

次に登場した CH-47J はいつもは箱のようなものをつり下げていますが、今回は水の入った大きなバケツのようなものからの放水を実演。これは山火事の消火とかに使われたりしているやつですね。

その他のプログラムについては以下のエントリから


トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/8899
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン