BLOGTIMES
2017/02/27

教員という職業は不人気なのか?

  stats  basicEducation 
このエントリーをはてなブックマークに追加

TL に流れていた OECD のツイートが気になったのでメモ。

先進国である OECD 諸国で教員になりたいと考える 15 歳の割合は 5% 程度とのこと。ちなみに日本では 6.6% と珍しく平均を上回っています。

さらに読み進めていくと、日本では教員と他の専門職の基礎的な数学能力(numeracy skills)を比べた場合に、若干ですが教員の方がスコアが上回っています。ちなみに日本の教員の基礎的な数学能力は OECD 内では最も高いという結果になっています。

僕の感覚では教員が普通の人よりも基礎的な数学能力が高いということは、当然のことのように考えてしまいますが、これは世界的に見れば珍しいようで、大半の OECD 諸国では教員よりも他の専門職の方が基礎的な数学能力が高いという結果になっています。

でも結局のところ、教員が不人気なのは給料が低いことに尽きるようです。

Who wants to become a teacher? - Papers - OECD iLibrary

PISA shows that, on average, a higher percentage of students expects to work as teachers in countries where teachers’ salaries are higher.

全文は「Who wants to become a teacher?」から読めますので、興味のある方はぜひ。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9172
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン