BLOGTIMES
2017/09/19

REALFORCE にキーの反応位置が調整可能な APC モデル登場

  keyboard 
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕も愛用しているプロフェッショナル向けキーボード REALFORCEキーの反応位置を変更できる APC (Acutuation Point Changer) モデルが登場するようです。

HHKB も使っていますが、これと比べると若干ストロークが長いのが気になっていました。ただ、配列は Realforce の方が一般的なキーボードに近いということもあり、そのあたりが一長一短だなと思っていましたが、ストロークの深さが調整できると双方の欠点が解消するのでいいですね。2mm と 3mm 厚のスペーサーも同梱されるようなので、これを装着すればストロークの物理的な深さも少なくすることができるようです。

東プレ、静電容量式キーボード“REALFORCE”を16年ぶりに刷新 ~キー反応位置を3段階で変更可能な「APC」モデルを投入 - PC Watch

APCモデルでは、キースイッチの反応位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で設定できるのが特徴。反応位置を短くすることで一般的なメカニカルキーやメンブレンキーよりも最大で25%高速入力できるとする。

    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9636
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン