BLOGTIMES
2018/05/21

大学でパーマネントな職についているのは3分の1くらい?

  postdoctoral  労働環境 
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞が大学教員の雇用形態に関する調査結果が記事になっていたのでメモ。

これによると、非常勤は延べ数なのでちょっと数が多くなっている気がしますが、全大学教員に占めるパーマネントな専任教員の割合は1/3強くらいで、専任の1/4は任期付とのこと。以前のポスドクの現状の調査結果と同じく、相変わらず厳しい状況ですね。

大学教員、半数は非常勤 常勤も4分の1が「期限付き」:朝日新聞デジタル

調査は昨年、国公私立大751校を対象に実施した。この質問に回答した659校の教員をみると、本務者(専任教員)は16万9458人、兼務者(非常勤教員)は延べ16万9164人でほぼ同数。ただ、非常勤教員は複数の大学をかけ持ちしている例もあり、延べ人数となる。また、専任教員のうち、任期付きは4万4401人だった。任期なしの専任教員は12万5057人で、全体に占める割合は約36・9%だった。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/10190
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン