BLOGTIMES
2022/05/15

永代通りにある閉まらない踏切

  railways  tokyo 
このエントリーをはてなブックマークに追加

幹線3号踏切 - 永代通りにある閉まらない踏切

永代通りに一度も稼働しているところを見たことがない踏切があります。
この踏切は越中島貨物線幹線3号踏切です。

ここは道路交通法第三十三条の最後に書かれている信号機がついた踏切なので、この踏切は一時停止せずに通貨できます。車だとあっという間に通り過ぎてしまうのですが、先日は徒歩だったのでしっかりと写真に納めてきました。確か旅客化する野望があったはずですが、いずれにせよこの平面交差のままでは無理でしょうね。

東京・江東区の立派な“閉まらず”の踏切

列車が通り、踏切が閉まるのは1日わずか3往復程度だけらしい。大通りに堂々と鎮座する「閉まらずの踏切」という雰囲気だ。遮断機部分は頑丈な中央分離帯内に納められている。踏切には信号機が併設され、青なら一時停止はせず、そのまま皆渡っているようだ。

参考

道路交通法 | e-Gov法令検索

(踏切の通過)
第三十三条 車両等は、踏切を通過しようとするときは、踏切の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止し、かつ、安全であることを確認した後でなければ進行してはならない。ただし、信号機の表示する信号に従うときは、踏切の直前で停止しないで進行することができる。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/13237
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン