BLOGTIMES
2017/03/02

DNA を使って非決定性アルゴリズムを解くコンピューターが作れる?

  paper 
このエントリーをはてなブックマークに追加

DNA の仕組みを模して計算を行うことにより非決定性万能チューリングマシン (Non-deterministic Universal Turing Machine, NUTM)が作成できる可能性があるという論文が発表されていたのでメモ。

しばらく前に CSP をかじっていた時に非決定性(Non-deterministic)についはいろいろと勉強したのですが、非決定性万能チューリングマシンは、最近いろいろと話題になることが多い量子コンピュータよりも強力なので、これが実現できるとコンピューターが計算できる範囲がさらに広がるはずです。

現実世界にある DNA の仕組みを応用するあたりは進化的計算のような感じで面白いですね。


    トラックバックについて
    Trackback URL:
    お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
    このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9179
    Trackbacks
    このエントリにトラックバックはありません
    Comments
    愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
    古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
    コメントはありません
    Comments Form

    コメントは承認後の表示となります。
    OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

    OpenID を使ってログインすることができます。

    Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン