BLOGTIMES
2017/11/25

晩秋の丸岡城

  fukui  castle  現存12天守 
このエントリーをはてなブックマークに追加

天守全景 - 晩秋の丸岡城天守内 - 晩秋の丸岡城
石落としからの紅葉 - 晩秋の丸岡城笏谷石(しゃくだにいし)の石瓦 - 晩秋の丸岡城

福井は 2013 年以来なので4年ぶり。

前回は東尋坊永平寺という定番スポットを巡ったのですが、移動するバスの途中に丸岡城という城があって気になっていたのですが、そのときは時間の関係で立ち寄ることが叶わなかったので、今回の訪問となりました。

あまり考えずに来てしまったのですが、説明を読んでびっくり。ここは現存12天守のひとつで、重要文化財*1*2にもなっている城郭的にはかなり貴重なスポットでした。城マニアの友人には「まず石垣を見ろ!石垣!」と言われるので、ついつい石垣に目が行ってしまいますが、ここは隙間が多い独特の積み方(野面積みというらしい)ですね。

その他にも瓦には笏谷石(しゃくだにいし)が使われていたり、通し柱がなかったりと一般的な天守とはだいぶ造が違います。現存最古の天守とも言われているようですが、昭和23年の福井地震によって倒壊したため、現在の天守は昭和30年に残った部材を元通り組み直して修復されたもの*3とのこと。

福井県坂井市/丸岡城

戦国時代の天正4年(1576年)一向一揆の備えとして織田信長の命により柴田勝家が甥の勝豊に築かせました。標高約17mの独立丘陵上に立地する平山城で、現存する天守閣としては最古級のものになります。
天守閣は本丸の南西部に位置し、高さが約6.2mの野面積みされた石垣の天主台のうえに、そびえたちます。二重三階望楼型独立式という形式で、通し柱はなく、1階が2・3階を支える構造となっています。また、屋根瓦は全国的にも珍しい石製の瓦(笏谷石)が使用されています。

トラックバックについて
Trackback URL:
お気軽にどうぞ。トラックバック前にポリシーをお読みください。[policy]
このエントリへのTrackbackにはこのURLが必要です→https://blog.cles.jp/item/9781
Trackbacks
このエントリにトラックバックはありません
Comments
愛のあるツッコミをお気軽にどうぞ。[policy]
古いエントリについてはコメント制御しているため、即時に反映されないことがあります。
コメントはありません
Comments Form

コメントは承認後の表示となります。
OpenIDでログインすると、即時に公開されます。

OpenID を使ってログインすることができます。

Identity URL: Yahoo! JAPAN IDでログイン